Mar 232006
 

AlphaマシンのGentooでXが起動しない件はBugzillaにも報告があがってました。
sig11 during startup with glint driver
ダメもとでLoad "fbdevhw"を追加してみましたが、同じようにsig11で落ちてしまいます。
xorg-x11はportage上、7.0が最新になったようなので(~alphaですが)、こちらを試してみましょうか。
その前にemerge -pv --deep --newuse worldしてみたら更新対象20パッケージ。これが一通り済んでからかな。

Mar 072006
 

Gentoo LinuxマシンでCDのリッピングをしようとしたら(grip使ってます)、Xが起動しません。
Xサーバだけの問題かと思ったのですが、x86マシンでCygwin-Xを使ってもダメです。
しばらくコンソールだけで使っていたので、いつからこの状態なのかわかりません。

今までのパッケージ更新とか「何か失敗してたのかなぁ」と思いつつ、とりあえずemerge実行。ところが今度はgdk-pixbufのemergeで停止してしまいます。

# emerge -v --deep world
:
>>> Unpacking source...
>>> Unpacking gdk-pixbuf-0.22.0.tar.bz2 to /var/tmp/portage/gdk-pixbuf-0.22.0-r5/work
 * Applying gdk-pixbuf-0.22.0-m4.patch ...
:
mv -f .libs/gnome-canvas-pixbuf.lo gnome-canvas-pixbuf.lo
/bin/sh ../libtool --mode=link alphaev6-unknown-linux-gnu-gcc  -mcpu=ev6 -O3 -pipe  -o libgnomecanvaspixbuf.la -r
path /usr/lib -version-info 1:0:0 -rdynamic -L/usr/lib -L/usr/X11R6/lib -lgnomeui -lart_lgpl -lgdk_imlib -lSM -lI
CE -lgtk -lgdk -lgmodule -ldl -lXi -lXext -lX11 -lgnome -lgnomesupport -lesd -laudiofile -lm -ldb1 -lglib gnome-c
anvas-pixbuf.lo
rm -fr .libs/libgnomecanvaspixbuf.la .libs/libgnomecanvaspixbuf.* .libs/libgnomecanvaspixbuf.*
alphaev6-unknown-linux-gnu-gcc -shared  gnome-canvas-pixbuf.lo  -L/usr/lib -L/usr/X11R6/lib /usr/lib/libgnomeui.so /usr/lib/libart_lgpl.so /usr/lib/libgdk_imlib.so -lSM -lICE /usr/lib/libgtk.so /usr/lib/libgdk.so /usr/lib/libg module.so -ldl -lXi -lXext -lX11 /usr/lib/libgnome.so /usr/lib/libgnomesupport.so /usr/lib/libesd.so /usr/lib/lib audiofile.so -lm -ldb1 /usr/lib/libglib.so  -Wl,-soname -Wl,libgnomecanvaspixbuf.so.1 -o .libs/libgnomecanvaspixbuf.so.1.0.0

エラーメッセージが出るわけでもなく止まってしまいます 😕
どうしようか悩みつつも、とりあえずrevdep-rebuildもしてみることに。

# revdep-rebuild
Configuring search environment for revdep-rebuild

Environment mismatch from previous run, deleting temporary files...

Checking reverse dependencies...

Packages containing binaries and libraries broken by a package update
will be emerged.

Collecting system binaries and libraries... done.
  (/root/.revdep-rebuild.1_files)

Collecting complete LD_LIBRARY_PATH... done.
  (/root/.revdep-rebuild.2_ldpath)

Checking dynamic linking consistency...
  broken /usr/bin/db1_dump185 (requires  libdb.so.2.1)
  broken /usr/bin/easytag (requires  libFLAC.so.6)
  broken /usr/bin/ogg123 (requires  libFLAC.so.6 libOggFLAC.so.1)
  broken /usr/bin/oggenc (requires  libFLAC.so.6 libOggFLAC.so.1)
  broken /usr/lib/libOggFLAC++.so.2.0.0 (requires  libOggFLAC.so.1)
  broken /usr/lib/perl5/vendor_perl/5.8.7/alphaev6-linux/auto/Image/Magick/Magick.so (requires  libMagick.so.6)
 done.
:

ここまでやって再びgripを起動してみましたが、やっぱりダメ。

$ grip

(grip:4881): Gtk-WARNING **: cannot open display:

ローカルのXサーバが起動しないのはいいのですが、Xクライアントも起動しないのはちょっとつらいです。
ちゃんと追いかけなきゃと思いつつ、今日はここまで。

Oct 142005
 

涼しくなってきたので、Gentto入りAlphaマシンに火を入れました 🙂
ログでemergeの前回実行日を確認したところ7月4日でしたから、3ヶ月以上放置していたことになります。

emerge -pv worldしてみたところ150弱のパッケージが更新対象だったので、もうインストール時のbuildと同じような状態ですね。
まぁemerge一発ではうまくいかないはずなので、週末気長にupdateしようと思います。

もっと涼しくなってきたら、DebianなiBookにやらせてるメールサーバ役をGentooなAlphaに引き継ぐ予定です。

あ。Solaris 10を入れた Ultra 10はDIMMエラーにてpanicするようになってしまいましたので、パーツ調達できるまでお休みとなります 😥

Jul 282005
 

CPUの消費電力というサイトを見つけました。
残念ながらSPARCの情報はないのですが、こちらのCPUの消費電力-2003年2月-をみてちょっと驚き。Alpha 21264はItanium/2に次ぐとんでもない値ですが、21164のほうは実はCeleron並みの消費電力のようです。
これぐらいなら常時稼動させられないかなぁ、とひそかに思い始めてます。Ultra10自宅サーバ計画は見直しかも知れません。

May 182005
 

XFSをIDE Software RAID1上に構築しようとしたら、

# mkfs.xfs -f /dev/md/root
meta-data=/dev/md/root           isize=256    agcount=16, agsize=187633 blks
         =                       sectsz=512
data     =                       bsize=4096   blocks=3002128, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks, unwritten=1
naming   =version 2              bsize=4096
log      =internal log           bsize=4096   blocks=2560, version=1
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks
realtime =none                   extsz=65536  blocks=0, rtextents=0
mkfs.xfs: size check failed
mkfs.xfs: filesystem failed to initialize

と失敗してしまいます。更にこのパーティションをマウントしようとすると、

# mount /dev/md/root /mnt
mount: Unknown error 990

となり、/var/log/mesagesにも

kernel: XFS: file system busy
kernel: fffffc004fcb7b78 000000000000012d fffffc00006a5eff fffffc00004d3eac
kernel:        fffffc00004d3774 0000000000000000 fffffc0042e9b700 0000000000000200
kernel:        fffffc00004d3eac fffffc0044e6f040 fffffc0042e9b700 0000000000000200
kernel:        fffffc00004dcf7c fffffc0044e6f000 0000000000000000 fffffc0044e6f800
kernel:        fffffc001276cbc0 fffffc005ffd2340 fffffc00004f414c fffffc005beaf400
kernel:        0000000000000000 fffffc001276cbc0 fffffc0044e6f800 fffffc005ffd2370
kernel: Trace:
kernel: [<fffffc00004d3eac>] xfs_readsb+0x13c/0x290
kernel: [<fffffc00004d3774>] xfs_mount_validate_sb+0x274/0x3e0
kernel: [<fffffc00004d3eac>] xfs_readsb+0x13c/0x290
kernel: [<fffffc00004dcf7c>] xfs_mount+0x1fc/0x500
kernel: [<fffffc00004f414c>] vfs_mount+0x3c/0x60
kernel: [<fffffc00004f3af0>] linvfs_fill_super+0x0/0x330
kernel: [<fffffc00004f3bdc>] linvfs_fill_super+0xec/0x330
kernel: [<fffffc000037a2e4>] get_sb_bdev+0x1d4/0x280
kernel: [<fffffc0000378d08>] alloc_super+0x28/0x190
kernel: [<fffffc00003794cc>] sget+0x16c/0x1b0
kernel: [<fffffc000037aa30>] sb_set_blocksize+0x30/0x80
kernel: [<fffffc000037a2c4>] get_sb_bdev+0x1b4/0x280
kernel: [<fffffc00004f3e3c>] linvfs_get_sb+0x1c/30
kernel: [<fffffc000037a6d8>] do_kern_mount+0x88/0x1a0
kernel: [<fffffc0000394f88>] do_new_mount+0xd8/0x120
kernel: [<fffffc00003958a8>] do_mount+0x1a8/0x1e0
kernel: [<fffffc0000395da0>] sys_mount+0xb0/0x140
kernel: [<fffffc0000395674>] copy_mount_options+0x84/0x110
kernel: [<fffffc0000395d80>] sys_mount+0x90/0x140
kernel: [<fffffc0000310a54>] entSys+0xa4/0xc0
kernel:
kernel: XFS: SB validate failed

などど、すごそうなメッセージが出力されています。さてどうしたものか…

May 162005
 

Alpha XP1000にIDEハードディスクを追加しました。ところがリブートするとハードディスクが認識されなくなってしまいます。

Uniform Multi-Platform E-IDE driver Revision: 7.00alpha2
ide: Assuming 33MHz system bus speed for PIO modes; override with idebus=xx
CY82C693: IDE controller at PCI slot 0000:00:07.1
CY82C693: chipset revision 0
CY82C693: not 100% native mode: will probe irqs later
CY82C693U driver v0.34 99-13-12 Andreas S. Krebs (akrebs@altavista.net)
    ide0: BM-DMA at 0x8000-0x8007, BIOS settings: hda:DMA, hdb:DMA
PCI: Enabling device: (0000:00:07.2), cmd 7
    ide1: BM-DMA at 0x8008-0x800f, BIOS settings: hdc:pio, hdd:pio
Probing IDE interface ide0...
ide0: Wait for ready failed before probe !
Probing IDE interface ide1...
ide1: Wait for ready failed before probe !
Probing IDE interface ide0...
ide0: Wait for ready failed before probe !
Probing IDE interface ide1...
ide1: Wait for ready failed before probe !
Probing IDE interface ide2...
ide2: Wait for ready failed before probe !
Probing IDE interface ide3...
ide3: Wait for ready failed before probe !

SCSIハードディスクを増設できればいいんですが、何分個人利用には高価なのでIDEディスクでRAID組もうと思ってたのですが…
ちなみにハードリセット(電源Off/On)からおこなうと再び認識されるようになりますが、リモートログインしてshutdown -rできないので実運用は厳しいです。

Alpha固有の問題なのでしょうか。ハードウェア、SRM、aboot、kernel。どこが怪しいのか皆目見当がつきません。

Mar 212005
 

BSD DisklabelでタイプfdをRAIDデバイスと認識させるパッチが取り込まれていないのは、DEC Alphaで本当にこのパーティションIDを使わないのかが心配なためらしいです。
一応2.6.10用も自分で作ったのですが(2.6のsun.cを参考にすれば簡単だった)、パッチだけでは取り込んではもらえる可能性が低いです。どこかにOpenVMSとかで使われるパーティションのドキュメントがないのでしょうか…
Gentoo用に当てた自前パッチは忘れないように晒しておきます。

--- linux-2.6.10/fs/partitions/osf.c.orig    2005-03-15 17:37:03 +0900
+++ linux-2.6.10/fs/partitions/osf.c 2005-03-15 17:43:12 +0900
@@ -66,10 +66,13 @@
        for (i = 0 ; i < le16_to_cpu(label->d_npartitions); i++, partition++) {
                if (slot == state->limit)
                        break;
-               if (le32_to_cpu(partition->p_size))
+               if (le32_to_cpu(partition->p_size)) {
                        put_partition(state, slot,
                                le32_to_cpu(partition->p_offset),
                                le32_to_cpu(partition->p_size));
+                       if (partition->p_fstype == LINUX_RAID_PARTITION)
+                               state->parts[slot].flags = 1;
+               }
                slot++;
        }
        printk("n");
Mar 012005
 

AlphaマシンのGentoo LinuxでSoftware RAIDを使おうと思ったのですが、一筋縄ではいききませんでした。

  • SRMからabootを使ってbootするにはBSD Disklabelでないといけない
  • でもBSD Disklabelではパーティションタイプ0xFD(Linux RAID Autodetect)を認識してくれない

解決策はこちらのスレッドからのパッチでカーネル再構築でしょうか。

Nov 212004
 

Gentooのvalilla-sourcesが2.4.28になったので、早速genkernelしてみました。

# emerge vanilla-sources
# cd /usr/src
# ln -sf linux-2.4.28 linux
# cd linux
# genkernel --menuconfig all

menuconfig画面が表示されたら、前のkernel configを読み込ませていましたが、

# genkernel --menuconfig --kernel-config=/etc/kernels/kernel-config-alpha-2.4.27 all

としてもいいのかも知れません。

2.4.27とconfigを見比べてみると、SATA関係とCryptoデバイスのオプションがいくつか増えたようです。

で、makeも終ってbootすると、

Linux version 2.4.28 (root@localhost) (gcc バージョン 3.3.4 ...

と日本語文字列が。あ、LANG=Cするの忘れてた。
実害はなく気分だけの問題なのだが、LANG=Cでやり直しました 😛

Nov 182004
 

Gentoo LinuxのAlphaStationにはNICが2枚刺さってるので、bridgeさせてみました。
今まではeth0にIPアドレスを振っていましたが、br0という名前でbridgeデバイスを構成して、そちらにIPアドレスを振るように変更します。

まずはLinux Ethernet bridgingのbridge-utilsを入れます。

# emerge bridge-utils

次に/etc/conf.d/bridgeを用意して、起動時にbridgeデバイスbr0が作成されるようにします。

# cat /etc/conf.d/bridge
bridge="br0"
bridge_br0_devices="eth0 eth1"
# rc-update -a bridge default

/etc/conf.d/net.br0は、普通にeth0だけで使っている場合のように記述するだけです。

# cat /etc/conf.d/net.br0
ifconfig_br0=(
    "192.168.0.1 netmask 255.255.255.0"
)
routes_br0=(
    "default gw 192.168.0.254"
)

eth0,eth1はUPだけするようIPアドレス0.0.0.0を割り当てておきます。

# cat /etc/conf.d/net.eth0
ifconfig_eth0=(
    "0.0.0.0"
)
# cat /etc/conf.d/net.eth1
ifconfig_eth1=(
    "0.0.0.0"
)

eth0,eth1,br0のスタートアップスクリプトを用意します。

# cd /etc/init.d
# ln -s net.lo net.eth0
# ln -s net.lo net.eth1
# ln -s net.lo net.br0
# rc-update -a net.eth0 default
# rc-update -a net.eth1 default
# rc-update -a net.br0 default

再起動してきちんとbridgeできました。