Mar 282006
 

Sunがなかなかsendmailのパッチを提供してくれないので、MTAをCSWパッケージのEximに変更しました。

sendmailデーモンの停止

# svcadm disable network/smtp:sendmail

eximパッケージのインストール

# pkg-get -i exim
:
Found an existing sendmail installation.
You have following choices with for installing exim:
 1. Send mail only, without changing existing sendmail
    installation.
 2. Rename existing sendmail binaries to *.OFF and replace
    them with binaries provided by exim.
Enter your choice [1,2] (default 1): 2
## Processing package information.
## Processing system information.
   16 package pathnames are already properly installed.
## Verifying package dependencies.
## Verifying disk space requirements.
## Checking for conflicts with packages already installed.
## Checking for setuid/setgid programs.

The following files are being installed with setuid and/or setgid
permissions:
  /opt/csw/sbin/exim <setuid root>

Do you want to install these as setuid/setgid files [y,n,?,q] y

This package contains scripts which will be executed with super-user
permission during the process of installing this package.

Do you want to continue with the installation of <cswexim> [y,n,?] y

Installing exim - The Exim Mail Transfer Agent as <cswexim>

## Executing preinstall script.
adding group exim
adding user exim
## Installing part 1 of 1.
/etc/init.d/cswexim
:
/opt/csw/share/man/man8/exim.8
[ verifying class <none> ]
## Executing postinstall script.
Stopping MTA: cat: cannot open /var/run/exim.pid

Setting up config-files...
Copying /opt/csw/etc/exim/aliases.CSW to /opt/csw/etc/exim/aliases

Checking for newaliases... /usr/sbin/newaliases
Moving /usr/sbin/newaliases to newaliases.OFF
Moving /usr/lib/sendmail to sendmail.OFF
Moving /usr/bin/mailq to mailq.OFF
Starting MTA:2006-03-28 14:51:00 non-existent configuration file(s): /opt/csw/etc/exim/exim.conf

If you do *NOT* want to start exim during system-boot
  rm /opt/csw/etc/exim/exim.conf
or
  mv /opt/csw/etc/exim/exim.conf /opt/csw/etc/exim/exim.conf.OFF

---------------------------------------------------------------
Please take the time to read /opt/csw/share/doc/exim/README.CSW
---------------------------------------------------------------

Installation of <cswexim> was successful.
#

/opt/csw/etc/exim/exim.conf作成

/opt/csw/etc/exim/exim.conf.CSWをベースに以下を変更。

local_domains設定

/etc/mail/local-host-namesに列挙してあるドメイン名をdomainlist local_domainsに記述(“:”区切り)。

domainlist local_domains = localhost : example.jp

Maildir配送に変更

local_delivery定義を変更して、デフォルトをMaildir配送にします。

local_delivery:
  driver = appendfile
  directory = $home/Maildir
  maildir_format = true
  mode_fail_narrower = false
  delivery_date_add
  envelope_to_add
  return_path_add
# group = mail
# mode = 0660

/opt/csw/etc/exim/aliases作成

/etc/mail/aliasesをコピーします。sendmailと違ってnewaliasesは不要です。

eximデーモン起動

# cd /;env -i /etc/init.d/cswexim start

動作確認

不正中継チェック

以下のチェックサービスで不正中継動作しないことを確認。

以前、とあるサイトにtelnetすると、SMTPポートに接続してきてチェック、ってサービスがあったと思うのですが、なくなっちゃったのですかね。普通にログインプロンプトが出てきて驚いちゃいました。

ローカル配送確認

tcp/25に直接接続してローカル配送の確認。

$ telnet localhost 25
:

最後にリモートからメール受信できることを確認して終了。

Mar 232006
 

Solaris上でのMP3のタグ編集用にEasyTagを入れてみました。EasyTAGのバージョンはstableの1.1です。結論を先に言いますと、まともに動いてませんので悪しからず。

まずgtkとid3libをCSWパッケージで入れます。oggやflacのサポートはとりあえず不要なので省略。
コンパイラもCSW版gccのほうが都合がよいので入れます(/usr/sfw版だと/opt/cswを探させるのが面倒)。

# pkg-get -i gtk
# pkg-get -i id3lib
# pkg-get -i gcc3

ソースアーカイブをダウンロード、展開してconfigure実行。

# /usr/sfw/bin/gtar xjvf easytag-1.1.tar.bz2; cd easytag-1.1
# CC=/opt/csw/gcc3/bin/gcc ./configure --prefix=/opt/easytag
:
Configuration for easytag 1.1 :
--------------------------------

 Source code location ....: .
 Host System Type ........: sparc-sun-solaris2.10
 Preprocessor ............: /opt/csw/gcc3/bin/gcc
 Compiler ................: /opt/csw/gcc3/bin/gcc -g -O2 -Wall
 Linker ..................: /opt/csw/gcc3/bin/gcc  -lz -lstdc++ -lid3 -lm -lvorbisfile -lvorbis -logg -lm  -liconv
 GTK+ version ............: 1.2.10
 Id3lib version ..........: 3.8.3
 NLS/gettext .............: yes
 Ogg Vorbis file support .: yes
 FLAC file support .......: no
 Install path ............: /opt/easytag

 Now type 'make' to build easytag 1.1,
 and then 'make install' for installation.

#

あとはmake、make installしておしまい…のはずでしたがエラー。

:
ld: warning: file /opt/csw/lib/libgmodule.so: attempted multiple inclusion of file
ld: warning: file /opt/csw/lib/libglib.so: attempted multiple inclusion of file
Undefined                       first referenced
 symbol                             in file
libintl_gettext                     about.o
libintl_textdomain                  easytag.o
libintl_bindtextdomain              easytag.o
ld: fatal: Symbol referencing errors. No output written to easytag
collect2: ld returned 1 exit status
:

ま、こんなのでへこたれたらSolarisユーザやってられません。
とりあえず国際化しなければうまくいくかな、と思い--disable-nls指定でconfigureから再実行。
無事ビルドできて、CygwinのXサーバを利用しての起動もOK。ところが…

$ /opt/easytag/bin/easytag
Starting EasyTAG 1.1 (PId: 9668) ...
Currently using id3lib version 3.8.3 ...
Loading default 'Fill Tag' masks...
Loading default 'Rename File' masks...
EasyTAG: Abnormal exit!.
Received signal SIGSEGV (11)
You have probably found a bug in EasyTAG. Please, send a bug report with a gdb backtrace ('gdb easytag core' then 'bt') to j.couderc@ifrance.com
Segmentation Fault (core dumped)

ありゃりゃ。今度はどこが悪いんでしょーか 😕
結局id3libパッケージに含まれているキャラクタベースのid3tagコマンドで編集しちゃいました。

Mar 202006
 

MySQLをセットアップしたのはこのためでした。
ZABBIX 1.1beta7のサーバ、エージェントともにSolaris 10で動かしてみます。

configure実行

gccにはPATHを通していないので、CCに/usr/sfw/bin/gccを指定してconfigureを実行します。makeは/usr/ccs/bin/makeを使う想定です。

# CC=/usr/sfw/bin/gcc ./configure --prefix=/opt/zabbix \\
> --enable-server --enable-agent --with-mysql=/opt/csw/mysql4 \\
> --with-net-snmp=/opt/csw

サーバ版をビルドするにはMySQLのヘッダファイルが必要になりますので、mysql4develをpkg-getで入れてあります。
LDAPサポートも追加しようと思ったのですが、ビルド時にシンボル未解決エラーになってしまったので、とりあえず省いてます(CSW版のopenldap_develパッケージ利用)。

make, make install

# make
# make install

DB作成, 初期データ投入

$ /opt/csw/mysql4/bin/mysqladmin -u root -p create zabbix
$ /opt/csw/mysql4/bin/mysql -u root -p create zabbix < create/mysql/schema.sql
$ /opt/csw/mysql4/bin/mysql -u root -p zabbix < create/data/data.sql
$ /opt/csw/mysql4/bin/mysql -u root -p zabbix < create/data/images.sql

images.sqlには画像ファイルの絶対パスが記述されていますので、必要に応じて修正してから実行します。

起動スクリプト準備

misc/init.d配下に各種OS用の起動スクリプトが用意されてますので、合いそうなものをコピーして修正します。私はmisc/init.d/tru64/zabbix_agentdをベースに作成しました。

設定ファイル準備

misc/conf配下にserver,agentd用の設定ファイルが用意されてますので、/etc/zabbix配下にコピーして修正します。

Web管理画面準備

WebサーバはCSWパッケージ版のApacheです。PHPもCSW版のPHP5となります。

フロントエンドPHPファイル群のコピー

# /usr/sfw/bin/gtar cf - frontends | /usr/sfw/bin/gtar xvf - -C /opt/zabbix

DB接続指定

frontends/php/include/db.inc.phpにDBの接続指定を記述します。

Apache設定用意

/opt/csw/apache2/etc/extra/httpd-zabbix.confを用意します。

Alias       /zabbix/ "/opt/zabbix/frontends/php/"
<Directory "/opt/zabbix/frontends/php">
    DirectoryIndex index.php
    Allow from all
</Directory>

上記ファイルのinclude指定を/opt/csw/apache2/etc/httpd.confに追加します。

Include etc/extra/httpd-zabbix.conf

Apache再起動

# /etc/init.d/cswapache2 restart

http://localhost/zabbix/にアクセスし、ログイン画面が表示されたらひとまず成功。
初期登録ユーザはAdminでパスワード空でログインできます。

監視対象ホスト追加

さし当たってWeb管理画面から自ホスト(Solaris 10)を追加します。テンプレートはHost.Unixです。
サービス、プロセス、プロセッサロード等は正常に収集できているようですが、DISK関係の値が正しくありませんでした(Total disk space onやUsed disk space onが0)。

ひとまずここまで。

Mar 202006
 

Solaris 10にはMySQLも含まれているのですが、CSW版はMySQL5も出たりと最新版への追従がよさげなので、CSW版を入れて動かすことにしました。

まずはpkg-getでサーバパッケージを入れます(パッケージ名はCSWmysql4)。依存パッケージもいろいろ導入されます。。

# pkg-get -i mysql4

起動はSMF管理でおこなわれます。起動スクリプトである/opt/csw/lib/svc/method/svc-mysql4を見ると、いろいろ準備すべきことが書いてあります。初期データベースは作成しませんから作ってね、とか。
/opt/csw/mysql4/share/mysql/quick_start-cswを実行するか、手作業で準備しろと記述されてますが、ここでは手作業でおこなってみました。

まずは、初期データベースを作成します。

# /opt/csw/mysql4/bin/mysql_install_db
Installing all prepared tables
Fill help tables

To start mysqld at boot time you have to copy support-files/mysql.server
to the right place for your system

PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:
/opt/csw/mysql4/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
See the manual for more instructions.

You can start the MySQL daemon with:
cd /opt/csw/mysql4 ; /opt/csw/mysql4/bin/mysqld_safe &

You can test the MySQL daemon with the benchmarks in the 'sql-bench' directory:
cd sql-bench ; perl run-all-tests

Please report any problems with the /opt/csw/mysql4/bin/mysqlbug script!

The latest information about MySQL is available on the web at
http://www.mysql.com
Support MySQL by buying support/licenses at https://order.mysql.com
#

次にmy.cnfを用意します

# cp -p /opt/csw/mysql4/share/mysql/my-small.cnf /opt/csw/mysql4/var/my.cnf

最後にsvcadmで起動し、パスワードを設定します。

# svcadm enable cswmysql4
# /opt/csw/mysql4/bin/mysqladmin -u root password '********'
# /opt/csw/mysql4/bin/mysqladmin -u root -h server.example.jp password '********'

最後に接続確認。

$ /opt/csw/mysql4/bin/mysql -u root -p mysql
Enter password: ********
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 6 to server version: 4.1.18

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> 
Mar 092006
 

/usr/sfw/bin/mozilla起動せずがまだ直ってません。
昨晩思い出してtrussしてみたところ、やはりFreeTypeライブラリ系で気になる部分が。

stat("/usr/sfw/lib/mozilla/components/libXft.so.2", 0xFFBFCE08) Err#2 ENOENT
stat("/usr/sfw/lib/mozilla/components/../libXft.so.2", 0xFFBFCE08) Err#2 ENOENT
stat("/usr/sfw/lib/libXft.so.2", 0xFFBFCE08)    Err#2 ENOENT
    Incurred fault #6, FLTBOUNDS  %pc = 0xFA4E1DC8
      siginfo: SIGSEGV SEGV_MAPERR addr=0x00000000
    Received signal #11, SIGSEGV [caught]
      siginfo: SIGSEGV SEGV_MAPERR addr=0x00000000
lwp_sigmask(SIG_SETMASK, 0xFFBFFEFF, 0x0000FFF7) = 0xFFBFFEFF [0x0000FFFF]

このあとmozilla profileディレクトリのlockを解除しにいってますので、多分ここがきっかけっぽいです。
Portarisの後始末だけでは、まだ不十分だったようですね 🙁

Feb 242006
 

Solaris 10はSolaris[TM] 10 Patch Policy Announcementに記載されているとおり、Service Planを契約しているか否かによって、Update Managerで入手可能なパッチの種類が変わってきます。
ざっくりいえば、Service Planなしの場合、Securityパッチだけが対象になります。

登録は(Service Plan契約していれば)非常に簡単です。
Sun Update Connection 1.0, System Edition Registration Guide for the Command-Line Interface

# vi /tmp/registrationprofile.properties
# cat /tmp/registrationprofile.properties
userName=your-username
password=your-password
hostName=your-hostname
subscriptionKey=your-key
portalEnabled=false
proxyHostName=
proxyPort=
proxyUserName=
proxyPassword=
# /usr/sbin/sconadm register -a -r /tmp/registrationprofile.properties
The file permission of /tmp/registrationprofile.properties must be either 400 or 600
# chmod 400 /tmp/registrationprofile.properties
# /usr/sbin/sconadm register -a -r /tmp/registrationprofile.properties
sconadm is running
Authenticating user ...
Collecting asset ...
Registering asset ...
sconadm has been completed successfully
#

会社用途ではパッチの適用は非常に慎重になりますから、セキュリティパッチ以外が表示されてもあまりうれしくありません。
逆に個人ユーザ向けに開放したほうが、裾野を広げるのに有効だと思うのですけどね。
私はそろそろパッチ適用が面倒になってきたので、自宅のSolarisはやめようかと思い始めてます。

Feb 232006
 

こんなことがあったので、以前入れていたPortarisの後始末をしようと思ったのですが、install-sparc.shスクリプトを眺めているとなかなか大変そうです。

ディレクトリ削除

ディレクトリはこれだけ作られているので削除。
/opt/portage
/usr/lib/portage/bin
/usr/lib/portage/pym
/usr/portage/profiles
/usr/portage/distfiles
/var/lib/portage
/var/log/portage
/var/tmp/portage
/etc/portage/profile
/usr/local/portage
/etc/env.d
/etc/config-archive

ldconfig、gentoo-release削除

もともとSolarisにはないので削除。
/sbin/ldconfig
/etc/gentoo-release

オリジナルファイルの復元

オリジナルは.ORG付きにリネームされてるかも知れないので必要なら戻す。
/usr/bin/python
/usr/bin/rsync
/bin/mktemp
/bin/bash
/usr/bin/wget
/bin/sh

/usr/sbin、/usr/binに作られたシンボリックリンク削除

/usr/sbin、/usr/bin配下に、/usr/lib/portage/bin下へのシンボリックリンクが作られるので確認して削除。

共有ライブラリ削除

以下の共有ライブラリは、どのパッケージにも属さないので削除(pkgchk -l -pで確認)。
libfreetype.a
libfreetype.la
libfreetype.so
libfreetype.so.6
libfreetype.so.6.3.7
libexpat.a
libexpat.la
libexpat.so
libexpat.so.0
libexpat.so.0.5.0

SUNWfontconfigパッケージ再インストール

共有ライブラリのうち/usr/lib/libfontconfig.soは、SUNWfontconfigパッケージのものを上書きしてしまったようなので、CD(2枚目)から再インストール。

# pkgrm SUNWfontconfig
# pkgadd -d . SUNWfontconfig

これでひととおり済んだように思うのですが、まだもじらは起動してくれません orz

Feb 222006
 

ISOイメージファイルのマウント方法あれこれ。

Linux

loopbackデバイス(/dev/loop/*)を作成してmountする。
Linuxの場合、loopオプション指定で一気にmount可能。

# mount -o loop diskimage.iso /mnt

NetBSD

vnconfigを使って擬似デバイスノード(/dev/vnd*)を作成してmountする。

# vnconfig vnd0 diskimage.iso
# mount /dev/vnd0c /mnt

FreeBSDやOpenBSDもほぼ同じ。

Solaris

lofiadmを使ってlofiデバイス(/dev/lofi/*)を作成し、mountする。

# lofiadm -a diskimage.iso
/dev/lofi/1
# mount -F hsfs -o ro /dev/lofi/1 /mnt

Windows

DAEMON Toolsを使う。

Feb 222006
 

タイトルの通りです。

$ mozilla
ld.so.1: mozilla-bin: fatal: libgcc_s.so.1: open failed: No such file or directory
ld.so.1: mozilla-bin: fatal: relocation error: file /usr/sfw/lib/mozilla/mozilla-bin: symbol gtk_init: referenced symbol not found
Killed

libgcc_s.soがないとのことですが、/usr/sfw/lib/libgcc_s.so.1は存在しています。

$ ls -l /usr/sfw/lib/libgcc_s.so*
lrwxrwxrwx   1 root     root          13 Aug  6  2005 /usr/sfw/lib/libgcc_s.so -> libgcc_s.so.1
-r-xr-xr-x   1 root     bin        46692 Jan 23  2005 /usr/sfw/lib/libgcc_s.so.1

ところが、mozilla-binをlddしてみると確かに見つけられていません。

$ ldd /usr/sfw/lib/mozilla/mozilla-bin
        libmozjs.so =>   /usr/sfw/lib/mozilla/libmozjs.so
        libplds4.so =>   /usr/sfw/lib/mozilla/libplds4.so
        libplc4.so =>    /usr/sfw/lib/mozilla/libplc4.so
        libnspr4.so =>   /usr/sfw/lib/mozilla/libnspr4.so
        libpthread.so.1 =>       /lib/libpthread.so.1
        libdl.so.1 =>    /lib/libdl.so.1
        librt.so.1 =>    /lib/librt.so.1
        libgtk-x11-2.0.so.0 =>   /usr/lib/libgtk-x11-2.0.so.0
        libgdk-x11-2.0.so.0 =>   /usr/lib/libgdk-x11-2.0.so.0
        libatk-1.0.so.0 =>       /usr/lib/libatk-1.0.so.0
        libgdk_pixbuf-2.0.so.0 =>        /usr/lib/libgdk_pixbuf-2.0.so.0
        libm.so.2 =>     /lib/libm.so.2
        libmlib.so.2 =>  /usr/lib/libmlib.so.2
        libpangoxft-1.0.so.0 =>  /usr/lib/libpangoxft-1.0.so.0
        libpangox-1.0.so.0 =>    /usr/lib/libpangox-1.0.so.0
        libpango-1.0.so.0 =>     /usr/lib/libpango-1.0.so.0
        libgobject-2.0.so.0 =>   /usr/lib/libgobject-2.0.so.0
        libgmodule-2.0.so.0 =>   /usr/lib/libgmodule-2.0.so.0
        libglib-2.0.so.0 =>      /usr/lib/libglib-2.0.so.0
        libX11.so.4 =>   /usr/lib/libX11.so.4
        libsocket.so.1 =>        /lib/libsocket.so.1
        libnsl.so.1 =>   /lib/libnsl.so.1
        libCstd.so.1 =>  /usr/lib/libCstd.so.1
        libCrun.so.1 =>  /usr/lib/libCrun.so.1
        libw.so.1 =>     /lib/libw.so.1
        libthread.so.1 =>        /lib/libthread.so.1
        libc.so.1 =>     /lib/libc.so.1
        libaio.so.1 =>   /lib/libaio.so.1
        libmd5.so.1 =>   /lib/libmd5.so.1
        libXft.so.2 =>   /usr/openwin/lib/libXft.so.2
        libfreetype.so.6 =>      /usr/sfw/lib/libfreetype.so.6
        libXrender.so.1 =>       /usr/sfw/lib/libXrender.so.1
        libfontconfig.so.1 =>    /usr/lib/libfontconfig.so.1
        libXrandr.so.2 =>        /usr/X11/lib/libXrandr.so.2
        libXi.so.5 =>    /usr/openwin/lib/libXi.so.5
        libXext.so.0 =>  /usr/openwin/lib/libXext.so.0
        libpangoft2-1.0.so.0 =>  /usr/lib/libpangoft2-1.0.so.0
        libmp.so.2 =>    /lib/libmp.so.2
        libscf.so.1 =>   /lib/libscf.so.1
        libexpat.so.0 =>         /usr/sfw/lib/libexpat.so.0
        libz.so.1 =>     /usr/lib/libz.so.1
        libfreetype.so.6 =>      /usr/lib/libfreetype.so.6
        libexpat.so.0 =>         /usr/lib/libexpat.so.0
        libgcc_s.so.1 =>         (file not found)
        libdoor.so.1 =>  /lib/libdoor.so.1
        libuutil.so.1 =>         /lib/libuutil.so.1
        libgcc_s.so.1 =>         (file not found)
        libgcc_s.so.1 =>         (file not found)
        /usr/sfw/lib/mozilla/cpu/sparcv8plus/libnspr_flt4.so
        /usr/lib/cpu/sparcv8plus+vis/libmlib.so.2
        /usr/lib/cpu/sparcv8plus/libCstd_isa.so.1
        /platform/SUNW,Ultra-5_10/lib/libc_psr.so.1
        /platform/SUNW,Ultra-5_10/lib/libmd5_psr.so.1

/usr/sfw/libにあるものが全部見つからないならまだわかるのですが、libgcc_s.so.1以外はOKです。
objdumpしてみてもRUNPATH、RPATHには/usr/sfw/libが含まれています。

$ /usr/sfw/bin/gobjdump -x /usr/sfw/lib/mozilla/mozilla-bin | grep 'R[UN|]PATH'
  RUNPATH     $ORIGIN:$ORIGIN/..:/usr/sfw/lib
  RPATH       $ORIGIN:$ORIGIN/..:/usr/sfw/lib

皆目見当がつかないのでtrussしてみたら、ちょっと気になることが。

:
19087:  stat("/opt/portage/usr/lib/libc.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/opt/portage/lib/libc.so.1", 0xFFBFF2A0)  Err#2 ENOENT
19087:  stat("/opt/portage/usr/lib/libc.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/opt/portage/usr/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/opt/portage/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/opt/portage/usr/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0)          Err#2 ENOENT
19087:  stat("/usr/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0)      Err#2 ENOENT
19087:  stat("/usr/openwin/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/usr/local/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
19087:  stat("/usr/kerberos/lib/libgcc_s.so.1", 0xFFBFF2A0) Err#2 ENOENT
:

以前入れたPortarisの影響でしょうか? /opt/portarisも探しにいってます。
ldconfigや/etc/ld.so.confなどいろいろ残骸が残ってましたので思い当たるところは消してみたのですが、改善しません。
もう一度Portarisをやってみろとの神の声でしょうか 😛

PortarisはGentoo PortageをSolaris上で使おうという試みです。

Portarisのアーカイブをダウンロードしてinstall-sparc.shを確認すると、

render extension and xft headers and libs will be overwritten.

とメッセージを出力する部分があります。
ふと気がついて/usr/lib/libfreetype.so.6をlddしてみると、libgcc_s.soがnot foundになります。
どうもこれはPortarisで導入されたライブラリのようですので、pkgchk -l -pでこの共有ライブラリがパッケージに属さないことを確認して削除、他にもlibgcc_sやlibfreetypeがnot foundになるライブラリを片っ端から削除していけば、直りそうな予感。
あとはヘッダファイル等も消さなければいけないようですし、ほんとに直るかわかりませんが、一息つけました。

Feb 152006
 

Solaris 10の自宅メールサーバでCSWパッケージ群の更新(pkg-get -U -u)をおこなったところ、courier-authlibとcourier-imapの起動スクリプト群がSMF管理に変更されてました。

# svcs cswcourier
STATE          STIME    FMRI
online         21:12:21 svc:/application/cswcourier:authlib
online         21:12:23 svc:/application/cswcourier:imap
# 

/opt/csw/share/doc/courier-imap/README.CSWにもその旨が記載されています。

# less /opt/csw/share/doc/courier-imap/README.CSW
:
# For Solaris 10 and later:
        SMF processing is added.

        There are two types of files used by SMF.  The service
        method file is located in /opt/csw/lib/svc/method.  The
        service manifest is located in /opt/csw/var/svc/manifest and
        subdirectory application for courier-imap.
: